OUR HISTORY
A History of J Barbour and Sons

John Barbour

バブアーは1894年に、ジョン・バブアーによってイングランド北東部にある港町サウスシールズにて誕生しました。事業は創業者から5代目にあたるマーガレット・バブアーに継承され、ファミリービジネスを貫き、今をなお創業の地サウスシールズにて伝統を繋いでいます。
そして英国をはじめ、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、ニュージーランド、日本など世界40か国以上の国や地域で展開するに至りました。
世界中でプロダクトを生産しながらも、伝統的なワックスドジャケットの一部は今でもサウスシールズにある本社工場でつくり続けています。
バブアーはメンズ、ウィメンズ、キッズコレクションはもちろん、愛犬のためのアイテムを豊富にラインナップ。ジャケットやコートなどアウターを中心に、シャツ、ニットウェア、フットウェア、アクセサリーなどがコレクションに顔を揃えます。
そしてブランドのルーツであるカントリーウェアを皮切りに、現在では人々の生活を豊かにするライフスタイルブランドとして世界中で愛され続けています。私どもはファミリービジネスに価値を見出し、革新ともに常に伝統を重んじてきました。英国のカントリーサイドから生まれた唯一無二の価値観を持ちながら、スタイリッシュで機能的なウェアをつくり続けます。

1894
1894

創設者ジョン・バブアーがサウスシールズの5マーケットプレイスにJ Barbour&Sonsをオープン

1908
1908

ジョンの息子マルコムが、通信販売用のカタログを制作。1917年までに、そのカタログは、チリ、南アフリカ、香港から国際注文を集め、バブアーの事業の約75%を占めるようになりました。

1912
1912

ジョン・バブアーが会長に退き、2人の息子ジャックとマルコムが経営責任者に就任。ファミリービジネスの礎を築きました。

1927
1927

ジャック・バブアーが職を辞し、マルコム・バブアーが新たに会長に任命されました。

1928
1928

マルコムの一人息子であるダンカン・バブアーが事業に加わりました。

1936

ダンカン・バブアーが熱狂的なモーターサイクリストということもあり、1936年にモーターサイクルジャケットを発表。瞬く間に人気を博し、1950-70年代の全盛期にはライダーの7割がこの「インターナショナル」と呼ばれるジャケットを着用したと言われ、モーターサイクルジャケットの代名詞として支持を集めます

  • 1936_1
  • 1936_2
1939_1
1939_2
1939_3
1939

二次世界大戦が始まるとダンカンは出征し、マルコムとダンカンの妻ナンシーが事業を引き継ぎます。そして潜水艦の搭乗員服となったウルスラスーツを開発。このウルスラスーツは、英国海軍のU級潜水艦ウルスラ号にちなんで名付けられ、その船長ジョージ・フィリップス大尉は、スーツの開発に不可欠な人物でした。

1957_1
1957

1957年に開催された国際的なトライアルレース「The Scottish 6 Days」 の全ライダーのうち97%が、インターナショナル ジャケットとともに参戦しました。

1957_2
1957

この年バブアーはサウスシールズ郊外のサイモンサイドトレーディングエステートに製造工場を建設しました。

1957_3
1957

ダンカン・バブアーは48歳で亡くなり、マルコムはダンカンの妻ナンシーと若干19歳の息子のジョンに再び事業を引き継ぎました

1964
1964

マルコムは83歳で亡くなり、ダンカンの妻のナンシーは息子のジョンを会長に就かせ、経営を引き継ぎました。

1968
1968

ジョンは妻のマーガレットと2歳の娘ヘレンを残し、突然逝去します。その後すぐにマーガレットは夫の遺志を引き継ぎ経営に参画します。

1974

1974年4月1日 フィリップ公から最初のロイヤルワラント(王室御用達の証)を授与されました。

  • 1974_1
  • 1974_2
1980_1
1980

1980年に後のベストセラーであるホースライディングジャケット「ビデイル」が登場しました。

1980_2
1980

1980年に後のベストセラーであるホースライディングジャケット「ビデイル」が登場しました。

1981
1981

サイモンサイドの新しい工場に移転し、現在に至ります。

1982
1982

1982年1月1日エリザベス女王から2つ目のロイヤルワラント(王室御用達の証)を授与されました。

1983
1983

マーガレットがデザインした狩猟用ジャケット「ビューフォート」がカタログに初めて登場。

1987
1987

1987年1月1日ウェールズ皇太子から3つ目のロイヤルワラント(王室御用達の証)が授与されました。

1988
1988

"Barbour Trust"は、地域および国のプロジェクトやコミュニティの問題をサポートするために設立されました。マーガレット・バブアーは、会社の株式の20%をバブアートラストに寄付しました。

1991

1991年6月、マーガレット・バブアーは、産業界への貢献が認められ、大英帝国勲章の"Commander"の栄誉を授かりました。

1991
1994
1994

J Barbour&Sons Ltdは100周年を迎えました。

2001

マーガレット・バブアーは、大英帝国勲章の"Dame Commander"に任命され、新年の叙勲者名簿に名を連ねました

2001
2005
2005

創設者ジョン・バブアーがサウスシールズの5マーケットプレイスにJ Barbour&Sonsをオープン

2007
2007

グラストンベリーフェスティバルで、アークティックモンキーズ、リリー・アレン、ルーファス・ウェインライトなどの出演者やセレブリティがバブアーのジャケットを着用していました。

2008

国の高級紙サンデータイムズの「PricewaterhouseCoopers Profit Track 100」で特別賞を受賞しました。

2008_1
2008_2
2008

バブアーは、ジェームズ・パーシー卿がデザインしたリンホープエンデュランス3 in 1ジャケットで、IPCシューティングインダストリーアワードのベストシューティング賞を受賞しました。

2013
2013

ニューカッスルファルコンズラグビーチームの公式パートナーとしてスポンサーに就任。ファルコンズはバブアー本社のすぐ北にあり、選手、コーチ、経営陣のフィールド外でのユニホームを提供しています。

2014
2014

英国の高級車メーカーであるランドローバーとの最初のコラボレーションを開始。メンズ、ウィメンズ共にウェアとアクセサリーのコレクションが2014年秋冬シーズンに発売されました。

2015

ロンドンファッションウィークメンズにおいて、コベントガーデンのスイス教会で初めてコレクションを発表。2015年秋冬シーズンより、キーアイテムを紹介しました。

2015
2016
2016

スコットランドの俳優、サム・ヒューアンを初のグローバルブランドアンバサダーに任命しました。アウトドアが大好きなサムは、創業者ジョン・バブアーとのつながりもあり、まさに理想的な取り組みでした。

2017
2017

【BarbourWay of Life】キャンペーンを開始。このキャンペーンは、ソーシャルメディア上でユーザー同士が#BarbourWayOfLifeのハッシュタグを付けて、自らのバブアーのスタイルを共有する試み。そのスタイルは世界中に拡散されました。

2018
2018

ブランドの豊富なヘリテージを取り入れながら、現代風にアレンジした"Barbour Beacon"コレクションを発売。

2019

アレクサ・チャンとレディスウェアのコラボレーションを開始

2019