ブランドのベストセラー「ビデイル」の魅力とは?

ブランドのベストセラー「ビデイル」の魅力とは?

ブランドのアイコンとして長く愛されている「ビデイル」。無駄のないデザイン、コーディネートしやすく、その汎用性の高さから、フィールドジャケットの代名詞として、世界中から支持を集めています。ビデイルの魅力と実力を、改めてお届けします。

「ビデイル」とモダンフィット版「ビデイル SL」

「ビデイル」(左)が登場したのは1980年のこと。当時のフランスで流行していたショートジャケットからインスパイアされ、乗馬用ワックスドジャケットとして開発されました。2011年には、モダンフィットにアレンジされた「ビデイル SL」(右)を発表。定番のビデイルと比べ、身幅や袖幅をやや細めにとり、襟を小ぶりにするなどギア的な要素を薄め、現代的なスタイルに合わせやすくなっています。

乗馬用として考案された機能的でスタイリッシュなディテール

【左上】首元にはスロートフラップを付属。【右上】袖口はワックスドクロスとリブの二重構造。どちらも衣服内へ冷たい風が侵入するのを防ぐためのもの。【左下】両脇縫い線上に深めの裾割りを施した、ディープサイドベンツ仕様。馬やオートバイにまたがった際に、裾が大きく広がります。【右下】ハンドウォーマーポケットは、ライディング時に手を温めるための機能。内部に起毛感のあるコットン素材を配しています。

定番のワックスドクロスだけでなくノンワックスの「ビデイル」も登場

バブアーで使用するワックスドクロスは、コットンキャンバス生地にワックスを塗り込み、防水性を高めたヘリテージ素材です。2018AWコレクションでは、撥水機能を備えた2レイヤー素材や、ウールツィード、フランネルの「ビデイル」も登場。この素材なら、ワックスドクロス製では難しかったクリーニングも可能に。よりイージーにバブアーのスタイルをお楽しみいただけます。

その他のビデイルはこちら

Photo:Hiroyuki Suzuki Text:Kazuhiro Watanabe