9/19 Barbourリプルーフイベント

9/19 Barbourリプルーフイベント

9月19日(水)Barbour渋谷店で、初めてのストアイベントを開催。ドリンクを楽しみながら、閉店後の店内でリプルーフイベントを開催しました。
今回のイベントでは、以前よりBarbourファンから要望の多かった「リプルーフ」を実演しました。「リプルーフ」とは、ワックスの抜けてきたジャケットに再びワックスを染み込ませ、撥水性を甦らせるメンテナンス方法。多くのBarbourファンが疑問に思っていた、自宅でできるリプルーフのやり方をスタッフが実演しました。

自宅でリプルーフする方法

常温では固形のワックスを缶のまま湯煎して溶かすところからスタート。ワックスが液状になったらスポンジに染み込ませて、ジャケットに少しずつ塗っていきます。

ワックスを均一に染み込ませるため、ジャケットをしっかり温める必要があります。ヘアードライヤーを使い、ジャケットを温めながらワックスを馴染ませていきます。
時間の目安は1着約30~40分。手間のかかる作業に見えますがコツさえつかめば自宅でもケアができます。自らの手をかけて育てていく楽しさもBarbourを着る楽しみの一つです。

これがリプルーフされたジャケット。

リプルーフに必要なワックス缶。2,500円(税抜き)

次回は同じく渋谷店にて10/25(木)に開催!

渋谷店では、リプルーフイベントを開催します。前回同様にBarbourファンならだれでも参加できるイベントです。スタッフが実演しますので、コツや簡単な日頃のメンテナンス方法などもご質問ください。ワックスドジャケットはメンテナンスさえすればいつまでも撥水性を保ち、経年変化を楽しめる一生もののアイテムです。仕事帰りにふらりと立ち寄って、ドリンクを飲みながらBarbourファンと交流してみてはいかがでしょうか。
次回イベント詳細はこちら

同時にBarbour People(スナップ撮影)も行います。SNSの投稿をいただいた参加者の方へはブランドオリジナルのバッジに加えて、ポケッタブルのエコバッグもプレゼントいたします。

Photo:Yu Deshima