業界人が着こなす

業界人が着こなす "My Best Barbour"

ファッションシーンの第一線で活躍するクリエイターなど、お洒落のプロフェッショナルにも多くのファンを抱えるバブアー。彼らが愛して止まないマイベストな一着とともに、それぞれのパーソナリティが映し出されるリアルなコーディネイト術をリポートします。

〝さまざまな着こなしをしてきたからこそ今は自由に楽しめる〟

鈴木 肇さん(スタイリスト)
「このスペイジャケットは15年ほど前に購入したもの。ほかにビデイルとビューフォートも所有しています。20代の頃はチェックシャツやトリッカーズなど正統派のブリティッシュカントリーなアイテムに羽織るのが好きで、その後、いくつものピンズでセルフカスタムをしたり、あらゆるスタイルに合わせてきました。それでもブランドの世界観から逸脱しないコーディネイトを心掛けていましたが、最近はバックボーンに縛られず、肩の力を抜いて向き合えるようになりましたね。今日はビッグシルエットのバスクシャツにカラーパンツ、足元はエスパドリーユ、こんな具合に自由な感覚で楽しんでいます。正直、頻繁に着るとき、そうでもない時期とマイブームの波はありますが、それでも絶対に手放さない。また着たいタイミングが必ず来るし、男のワードローブにあって然るべき逸品として手元に置いておきたい。バブアーには、そう思わせる確固たる魅力がありますよね」

〝時代、年齢、性別を超えて愛される、懐の深いブランドですよね〟

児島晋輔さん(キャプテン サンシャイン ディレクター)
「ワークやフィールド、ホースライディング、フィッシングなど明確な用途に向け、徹底的に突き詰められたディテールと、その集積であるデザインに惹かれます。またスタイルがブレず、ひと目でバブアーだと認識できる唯一無二の存在感がある。流行り廃りといった時代性や年齢を超え、いくつになって着ても格好良く、女性が羽織ってもお洒落。タイムレスでエイジレス、ジェンダーレスな深い懐を持った稀有なブランドだと思います。ビデイルやインターナショナル、バーレーなど色々と持っていますが、『キャプテン サンシャイン』で昨シーズンに別注した、このスタンドカラー トラベラーコートが今のフェイバリットです。ウチの定番モデルであるモッズコートのパターンを基に、ヴィンテージのビデイルやバブアーの伝統的な仕様を取り入れたオリジナルの型になります。どこか英国のカントリームードが漂う、ベージュやブラウンを合わせる着こなしが好きです」

関連商品

その他メンズアイテム一覧はこちら

TOPICS記事一覧はこちら

Photo:Shota Ojima Text:Naoyuki Ikura Edit:Shota Ito

バブアー Barbour 公式オンラインストア