Barbourを着こなす海外セレブの<br>私服ファッションをチェック!

Barbourを着こなす海外セレブの
私服ファッションをチェック!

今年で創業125周年という長い歴史を持つバブアーは、いまや海外の有名セレブも御用達。オフモードで見せるそのスタイリングには、それぞれのセンスが溢れるだけでなく、気負わずラフに着こなす姿が好印象。ユアン・マクレガーやデビッド・ベッカムといった憧れの海外セレブからバブアーのコーデ術を学びたい。

個性を際立たせるインターナショナル・ジャケットを用いたミニマルコーデ

映画俳優として数々のヒット作に出演する傍ら、バイクで世界一周を達成するなど、バイクツーリストとしての顔も持つユアン・マクレガー。そんな彼が着こなすのは、やはりインターナショナル・ジャケット。モーターサイクルジャケットとして生まれた名作を軸に、さらりとブラックパンツを合わせてミニマルなスタイルに。余計なものを省いた大人らしいコーディネートを実践しています。

他アイテムとの調和を見事に保つベッカム流の着こなし方

多数のバブアージャケットを所有し、プライベートの着こなしにも頻繁に取り入れるなど、バブアー好きとして知られるベビッド・ベッカム。この日はオリーブカラーのワックスドジャケットに、コーデュロイパンツとツイードのハンチングを合わせたラフなコーディネート。同系色のカラーや素材の表情を巧みに取り入れ、まとまりのある雰囲気を持ち合わせています。

気取りすぎない絶妙ラインはファッショニスタの彼女ならでは

世界一有名なソーシャライツとして、さまざまなメディアから注目されているオリビア・パレルモ。定番モデルのビデイルにレギンスを組み合わせたことで、クラシックなジャケットにスポーツテイストを漂わせています。これだけタイトシルエットのパンツでも好バランスなのは、ジャケットの絶妙なフィット感のおかげ。襟元から覗くチェックシャツとのレイヤードも着こなしの上手さを印象づけます。

ジャケットの着慣れた表情がコーディネートに特別感をプラス

ヴィクトリアズシークレットのエンジェルとして有名な、チェコ出身のスーパーモデル、カロリナ・クルコヴァ。彼女のオフタイムを飾るのは、着慣れたインターナショナルジャッケット。程よくエイジングされた表情と、特徴的なポケットディテールが、奥行きのあるルックスに仕立てています。鮮やかイエローのストールによるカラーコントラストも絶妙で、ジャケットをより引き立たせています。

Photo:Splash/アフロ Shutterstock/アフロ Edit:Shota Ito

バブアー Barbour 公式オンラインストア