注目コラボ「バブアー×アンドワンダー」は<br>
ワントーンコーデで都会的に着こなす

注目コラボ「バブアー×アンドワンダー」は
ワントーンコーデで都会的に着こなす

英国の老舗アウターブランドである「バブアー」と、日本の新鋭アウトドアブランドの「アンドワンダー」という、予想外の組み合わせが実現。ベストセラーの乗馬ジャケット”BEDALE”とバイカーズジャケット”INTERNATIONAL JACKET”の基本的なデザインを踏襲しながら、機能性素材とパターンを駆使し、全く新しいアウターへと生まれ変わりました。

デザイナー池内啓太と森美穂子によって、2011年からスタートした日本発のアウトドアブランドが、「アンドワンダー」(andwander)。ファッションでの経験を活かし、キャンプやトレイルなどのアウトドアフィールドで求められる機能性と、タウンユースとしてのファッション性を併せ持つ服作りが高い評価を得ています。

今回のコラボレーションにおいては、「バブアー」の定番である“BEDALE”と“INTERNATIONAL JACKET”をベースに、それぞれに機能的なファブリックを採用。実際のアウトドアアクティビティやサイクリングで活躍するハイスペックな仕上がりになっています。アンドワンダーのアイコンでもあるリフレクター素材や激しい動きにも対応するパターンは、本作においても健在。

バブアーらしさは残しながらもギア的な進化を遂げた本作は、アウトドアに限らず、都会の風景にも馴染むデザインが魅力。今回はワントーンでまとめ、洗練された印象のアウトドアスタイルをご紹介します。

あの名作がよりスタイリッシュで実用的なレインギアに!

“BEDALE”を元にデザインされた、“Barbour CORDURA e VENT JACKET”は、耐久性にも優れた防水透湿素材e VENTを採用。止水ファスナーの周囲に配したアイコニックなリフレクターが特徴です。激しい動きにも対応できるように、脇下にはベンチレーションをあしらい、腕の可動域を広げたパターンで仕上げています。キャップからブーツまで黒で統一することで、軽快ながらも精悍なショーツスタイルが完成します。

都会の日常に溶け込むブラックのワントーンが新鮮

こちらも防水透湿素材を採用した、“Barbour CORDURA e VENT JACKET”。元々、「アンドワンダー」のアイテムは、ユニセックスを念頭にデザインされているので、小さいサイズは女性用を兼ねています。インナーのワンピースとブーツを黒で揃え、ソックスの赤をアクセントカラーとした着こなしに。本格的な機能を備えながらも、ミニマルかつモードな雰囲気に仕上がります。不安定な天気でも快適かつスタイリッシュに過ごせるはず。

トーナルコーデならテクニカル素材も落ち着いたムードに

定番バイカージャケットの“INTERNATIONAL JACKET”を、サイクリング用のウィンドブレーカーに再構築したのが、こちらの“Barbour SHINNY WIND HOODIE”。耐摩耗性に優れ、しなやかで軽量な撥水素材であるパーテックス クワンタムを採用。光沢感があり、上品なオフホワイトに調和する、ベージュ系のインナーとショーツを合わせたトーナルな着こなしがリラックスムードを演出。寒暖差が激しい日に、手放せない1着になりそう。

左:モデルが着用した“Barbour CORDURA e VENT JACKET”の色違いのカーキ。よりバブアーらしさが高まり、いつもの“BEDALE”と同様にブルージーンズやグレースラックスにも合わせやすく、防水透湿素材の利便性を体感できます。

右:“Barbour SHINNY WIND HOODIE”のカラバリとしてブラックも用意。特徴的なポケットデザインはそのままに、随所にリフレクターを配しています。付属のスタッフバッグにコンパクトに収納できるので、暑い日中はバッグに忍ばせておくと便利。

ライフスタイルと普段のコーデで選んでみては?

Photo : Tomoaki Shimoyama Styling : Kazuyuki Tamura Hair & Make : Masa Kameda (The VOICE MANAGEMENT/Men’s) Naoyuki Ohgimoto (Women’s) Text & Edit : Takuro Kawase

バブアー Barbour 公式オンラインストア