返品送料無料キャンペーン開催中! 【詳しくはこちら】
BARBOUR PEOPLE SPECIAL<br>こんな着こなしが今の気分

BARBOUR PEOPLE SPECIAL
こんな着こなしが今の気分

秋冬のイメージが強い「バブアー」のアウターですが、寒暖差が激しいこの時期にも大活躍。英国老舗らしいオーセンティックなムードは、カジュアルとドレスを問わず、幅広い着こなしに合わせられます。本サイトの人気コンテンツ“BARBOUR PEOPLE”の中から、お手本にしたい着こなしを抜粋しました。

トーナルカラーをフェミニンかつ軽やかに纏う

Shiho Katori / Curensology shop staff

柔らかく軽快な着心地がこの時期に最適なノンワックスジャケット“ビデイル SL ピーチド”のメンズモデルを着用。深みのあるセージカラーに調和するライトベージュのパンツで上下を連動させ、ボーダーカーディガンとサンダルが抜け感をもたらしています。Vネックからのぞく首元、袖まくりした手首、パンツの裾からのぞく足首といった素肌の露出もポイント。女性らしさと春らしさが自然に高まります。

トレンドを意識しつつ大人っぽいシルエットバランスに

Shuto Ishihara/ Office Worker

光の当たり具合で玉虫色に輝く、シャンブレー素材の“ミリタリージャケット”がメイン。肩が落ちるオーバーサイジングのジャケットと、ストンと縦に落ちるややワイドなチノパンという組み合わせで、今っぽいボリューム感にまとめています。セージグリーンとベージュを繋ぐ、テラコッタカラーのシャツジャケットも絶妙なアクセントに。ミリタリーの武骨さを中和し、シャツジャケットに調和した首元のシルクスカーフにもご注目を!

テック感のあるアイテムはクリーンにまとめる

Yukiko Kai/ andwander PR

微光沢を放つアウターは、定番バイカーズジャケット“インターナショナル”を、軽量で撥水性に優れたPERTEX QUANTAM(パーテックス クアンタムファブリック)を用いてサイクリングウェアにリデザインした「バブアー×アンドワンダー」の“シャイニー ウィンド フーディー”。ジャケットの裾からのぞくシャツワンピースが女性らしさを、トレラン用スニーカーがスポーティさを与えています。オフホワイト、ライトブルー、ライトグレーといった淡い色調を、黒いパンツで引き締めているのも上級者ならでは。

クラシカルなスーツに今の素材感とシルエットを

Hideki Saito/ Saito Apparel Laboratory

英国王室が出自であるグレンチェックのスリーピースに、クレリックシャツと端正なストレートチップシューズを合わせた、ジェントルマン然とした着こなし。そこへ、ゆったりとしたシルエットと軽快なコットンナイロン素材が特徴の“ビッグ ウィットレー トレンチコート シャンブレー”を重ねて、リラックスムードをプラス。玉虫色に光るオリーブカラーは高級感があるので、正統派のスーツスタイルにも違和感なく馴染みます。

Text & Edit : Takuro Kawase

バブアー Barbour 公式オンラインストア