さらなる上質を求める大人の女性へ<br>リ・エンジニアド・フォー・トゥデイ、始動

さらなる上質を求める大人の女性へ
リ・エンジニアド・フォー・トゥデイ、始動

2019年にブランド創設125周年を迎えたバブアーが、今秋冬からウィメンズのプレミアムライン「リ・エンジニアド・フォー・トゥデイ」をスタートします。歴史に残る多くのアーカイブからインスピレーションを得て再構築したアイコニックなワックスドアウターを、 “COUNTRY” “MILITARY” “PARKA” “QUILTED”の4つのカテゴリーで展開。モダンにブラッシュアップされたシルエットと、伝統を踏まえたこだわりのディテールが、着こなしに新しい発見と魅力を添えてくれます。これまでバブアーに馴染みのなかった女性や、ワックスドコットンに抵抗感のあった方にこそ、是非手に取ってみていただきたい、スタイリッシュでリュクスなコレクションになっています。

名作「ビューフォート」をリュクスな味付けで

英国のカントリースタイルを現代風にアレンジした“COUNTRY”エディットは、バブアーの名作ジャケットをアップデートしたラインナップに要注目。1982年にリリースされたハンティングジャケット「ビューフォート」を再構築したジャケットは、長めの着丈や、仕留めた獲物を入れるゲームポケットなどの伝統的なディテールはそのままに、襟やタブ、トリム部分をレザーで仕上げ、リュクスなムードを添えているのが特徴です。おなじみのタータンチェックがのぞく裏地には、ファスナーで着脱可能なリバーシブルのライニングが付属。暖かなエコファーと、さらりとしたナイロンキルト、2つの異なる着心地を選べるのも嬉しいポイントです。袖口のリブ仕立てもチャーミングで、アウトドアでの着用はもちろん、タウンユースにも大いに活躍してくれそうです。

「クラシックダーラム」のディテールを存分に堪能

ロング丈のフーデットパーカに、もこもこしたシアリング素材のライニングをアタッチした一着は、1969年にリリースされた名作「クラシック ダーラム」からインスパイアされたもの。コレクションの4つのカテゴリーのうちの“PARKA”エディットを代表するアウターで、素材はもちろんワックスドコットン。フロントの大きなフラップポケットやドローコードのウエストアジャスター、フィッシュテールヘムといった、すっきりしたシルエットに馴染んでいるのが特徴です。ゴールドカラーのスナップボタンやポケットのトリム部分のベルベット使いなど、着こなしの楽しみを鼓舞してくれるこだわりのディテールも必見です。

洗練と繊細さが加わったミリタリーパーカの誘惑

バブアーの伝統の中でも、ミリタリーはブランドを形成する重要なアイデンティティのひとつ。リ・エンジニアド・フォー・トゥデイの“MILITARY”エディットは、アイコニックなアーカイブを時代とともに再構築し、ファッションアイテムとしてリリースし続けてきたバブアーの底力がいかんなく発揮されているカテゴリーです。なかでも、着丈の長いフーデッドパーカは、ボリューミーな着脱式のエコファーのトリミングが、エレガントなムードを盛り上げます。エポーレット(肩章)やウエストのドローストリングといったミリタリーディテールとも、絶妙にマッチしています。毛足の長いなめらかなライニングと袖口のリブも、防寒性とともにリッチな気分を盛り上げてくれるディテール。都会的なミリタリースタイルのマストハブになりそう。

Text : Satoko Hatakeyama Edit : Takuro Kawase

さらにロマンティックでガーリーに!「バブアー バイ アレクサ チャン」

さらにロマンティックでガーリーに!「バブアー バイ アレクサ チャン」(2020.09.04)

バブアー Barbour 公式オンラインストア