オーバーサイズフィットが今っぽい<br>「ホワイトレーベル」の着こなしサンプル

オーバーサイズフィットが今っぽい
「ホワイトレーベル」の着こなしサンプル

インナーとパンツも含めたトータルコーディネートが楽しめるバブアー ホワイトレーベル。アーカイブを元に現代的なアレンジを加えて生み出された今季の注目は、パターンを一から起こしたオーバーサイズフィットのアウターたち。旬でいて洒脱な着こなしをご提案します。

ここ数シーズンの大きなトレンドとなっている、ビッグシルエットやオーバーサイジングと呼ばれる着こなし。90年代のストリートファッションにも見られたトレンドですが、現在のそれは単にサイズアップしただけではなく、着用したときのバランス感が重視されています。

今季のホワイトレーベルで注目のアウターは、通常サイズから約2サイズUPさせたオーバーサイズフィット。一からパターンを起こし、ボディやアームをゆったりとさせながら、実際に着用したときにちょうどいいボリューム感にまとめています。

オーバーサイズのアウターに合わせるパンツやインナーも、程よくゆとりを持たせたシルエットに仕上げています。バブアーらしい英国トラッドの雰囲気を残しつつ、今の気分に寄り添うスタイリングが簡単にできるから、今から秋の訪れが待ち遠しくなるはず。

新色も追加されたフーデッドジャケット“ハイキングワックス”

軽量で柔らかな4オンスのワックスドコットンを使用したフード付きのデザイン。マウンテンパーカのように着回しできる定番的なデザインながら、オーバーサイズフィットによって、やや長めのレングスに仕上げているのがポイントです。

バブアーの定番であるセージよりも少し明るいグリーンの新色も、軽快さを引き立ててくれます。裏地をベージュにしたバイカラーなので、ほぼ同色のワイドシルエットのチノパンとの相性も抜群です。

先シーズン展開していたオーバーサイズフーデッドビデイル同様に、タブレットPCも収納できる超大型ポケットにもご注目。視覚的なユニークさとともに、ちょっとした外出ならバッグ要らず。

※ブーツ、ソックスはスタイリスト私物

丸みを帯びたシルエットが旬な“オーバーサイズド ビューフォート”

バブアーの揺るぎない定番モデルであるビューフォートを、今っぽいオーバーサイズにアレンジ。身頃はたっぷりと広く取り、ショルダーからアームにかけて丸みを帯びたシルエットが特徴です。

ブラックと相性のいいグレーのウールパンツ、シャンブレー素材のプルオーバーシャツは、オーバーサイズなアウターとの組み合わせを意識して、ともにゆったりとしたシルエットに。今っぽいボリューム感ながらも、上品な印象にまとまります。

また、通常のビデイルにあるインナーカフ仕様ではなく、袖口の外側にスナップボタンをあしらうことで袖口をフィットさせる仕様にアレンジしています。

※スニーカー、ソックス、キャップはスタイリスト私物

アクティブな休日をおしゃれに格上げ“オーバーサイズド ワックス ジレ”

気軽に羽織れて、着回しも自在なダウンベストは秋冬のマストハブ。こちらは4オンスのワックスドコットン素材を使用し、腰まですっぽりと覆うオーバーサイズフィットにアレンジ。一般的なダウンベストとは一線を画すボリュームが新鮮です。

腰から膝下までゆったりと、膝下から少しテーパードさせたウールパンツを合わせることで、全体的にすっきりとした印象に。足元には安定感のあるブーツがおすすめ。

スタンドカラーの襟裏にはバブアーらしくコーデュロイをあしらい、トラッドな見た目とともに首回りの快適さにも気を配りました。

※ブーツ、メガネはスタイリスト私物

Photo : Tomoaki Shimoyama Styling : Kazuyuki Tamura Hair & Make-up : Masa Kameda Text & Edit : Takuro Kawase

機能を都会的に表現する「黒」が男を高揚させる「バブアー インターナショナル×<br>サタデーズ ニューヨークシティ」

機能を都会的に表現する「黒」が男を高揚させる「バブアー インターナショナル×
サタデーズ ニューヨークシティ」(2020.09.15)

アニキでお馴染みの片野さんが語るバブアーの
魅力とソルウェイジッパー SLの着こなし方

アニキでお馴染みの片野さんが語るバブアーの 魅力とソルウェイジッパー SLの着こなし方 (2020.09.10)

バブアー Barbour 公式オンラインストア