返品送料無料キャンペーン開催中! 【詳しくはこちら】
今っぽいストリートな着こなしも楽しめる<br>“トランスポート”がホワイトレーベルから復刻

今っぽいストリートな着こなしも楽しめる
“トランスポート”がホワイトレーベルから復刻

1990年代から2000年代までイギリス本国のみで展開されていたトランスポートが、いよいよホワイトレーベルから登場します。コーチジャケットのような裾が特徴で、やや短めの着丈とシルエットが、いつものワックスドアウターとは一味違う雰囲気をもたらします。

ファッションジャーナリストの増田氏が本TOPICS内で紹介していたように、今シーズンはバブアーとストリートがかつてなく接近。英国のアウトドアを出自とするトラッドスタイルと、米国のスケートボードを出自とするストリートスタイル。全く接点がないと思われていた両者の組み合わせが、ファッションシーンの最先端となっているのは非常に興味深いところ。

そんなストリートスタイルに欠かせない秋冬のアウターといえば、コーチジャケット。元々は冬用の運動着ですが、軽量で暖かく、安価であることからスケーターやラッパーが好んで着用するようになりました。シンプルで合わせやすいことも手伝って、多くのブランドから素材やシルエットをアレンジしたものが発売され、人気となっています。

さて、中古市場でも入手困難なトランスポートが、今シーズン復刻されました。ワックスドコットン、コーデュロイの襟といったバブアーらしさはそのままに、コーチジャケットのような裾とシンプルな見た目が特徴です。ラグランスリーブとやや太めのアームと相まって、まさにストリートな着こなしにうってつけなのです。

シンプルでちょうどいい着丈が自由な着こなしを可能に

バブアーではフライフィッシングをルーツとするショート丈のスペイがありますが、着丈が短く、定番のビデイルに比べると着こなしに工夫が必要なモデルです(それゆえファッション好きから支持が高いこともあります)。こちらのトランスポートは、スペイとビデイルの中間くらいの着丈に。ちょうど腰にかかるくらいの絶妙な着丈なので、レイヤードがすんなりまとまります。また、ハンドウォーマーポケットだけのスッキリとした見た目が、クリーンな着こなしを可能にします。ネイビーとブラックはシルバー、セージはゴールドのジッパーを採用。

全身ブラックの着こなしも重すぎずスポーティにまとまる

今回の復刻では、定番のセージに加え、ネイビー、ブラックも展開。こちらはブラックのトランスポートで全身を黒で統一。ゆとりのあるシルエットのトランスポートと太めのパンツとの相性は抜群。黒地に白い格子が入るチェックシャツで少しだけ抜け感を。足元はジャーマントレーナー系のスニーカーを合わせていますが、ボリューミーなハイテク系を合わせてみるのもおすすめです。コーチジャケットのような裾の内側には、下からの冷気の侵入を防ぐゴム入りのギャザーがあしらわれている(写真はネイビーカラー)ので、真冬の寒さにも対応します

※メガネ、スニーカーはスタイリスト私物

トラッドに着ても収まりがよく、今っぽいシルエットバランスに

バブアーらしいセージカラーのトランスポートの着こなし。厚手のニットやスウェットの上に重ねてももたつかない、ゆとりのあるシルエットなので、合わせるインナーを選びません。セージと馴染みやすいライトブラウンのワイドパンツを、足元にはボリューム感のある革靴を選んで、トラッドかつ今っぽい着こなしに。左右に配したハンドウォーマーポケットは、雨水の侵入を塞ぐように入り口を2重にした構造になっています(写真はネイビーカラー)。財布やスマホの収納は、左胸の内側にあしらったファスナーポケットがあるのでご安心のほど。

※ソックス、シューズはスタイリスト私物

Photo : Tomoaki Shimoyama Still:Hiroyuki Suzuki Styling : Kazuyuki Tamura Hair & Make-up : Masa Kameda Text & Edit : Takuro Kawase

アウトドアの機能性とファッション性が融合バブアー×アンドワンダー第2弾がリリース

アウトドアの機能性とファッション性が融合バブアー×アンドワンダー第2弾がリリース(2020.09.25)

ファッションジャーナリスト増田海治郎さんが語る2020AWは“ストリート・バブアー”に注目すべし!

ファッションジャーナリスト増田海治郎さんが語る2020AWは“ストリート・バブアー”に注目すべし!(2020.09.24)

バブアー Barbour 公式オンラインストア