膝下のロング丈が今の気分に合う<br>バリエーション豊かな「バーレー」に注目!

膝下のロング丈が今の気分に合う
バリエーション豊かな「バーレー」に注目!

昨年に引き続き、今季も膝下丈のロングコートがトレンドに。その影響はバブアーのワックスドアウターも同様で、すっきりとしたAラインが印象的なバーレーに注目が集まっています。今季はレディースも加わり、さらに冬のコーディネートが楽しくなりそう。

バブアーらしさとトレンド感を兼ね備えたロングコート

ファッショントレンドは20年周期で大きく変わるとよく言われますが、ここ数年ですっかり好まれるサイジングが変わりました。1990年代半ばから2010年代半ばまでは、タイトフィットで直線的なシルエットが好まれていましたが、今はオーバーサイジングで丸みを帯びたシルエットが好まれるように。コートの着丈についても、かつては膝上丈が常識で、膝下丈は野暮ったいとされていましたが現在はその逆。

ここ数シーズン続くこのトレンドにおいて、注目されているワックスドアウターが“バーレー”です。元来、乗馬用コートとして開発されたもので、膝下のロング丈、腕の動きを妨げないラグランスリーブ、フロントのフラップデザイン、大きく開閉できるセンターベントが特徴です。素材は、重すぎず軽すぎず汎用性の高い6オンス生地なので、高い防水性と耐久性を誇りながらも、動きやすさも兼ね備えています。

ヒストリカルなバブアーらしさに加え、トレンド感も味わえる膝下丈の“バーレー”は、今季レディースでも展開。また、タウンユースを意識して着丈をやや短くアレンジした“ニューバーレー”も継続して展開。ウール素材やナイロン素材など、バリエーション豊富なバーレーから、あなたにぴったりの1着を見つけてください。

シンプルな着こなしでバーレーを男らしく着こなす

セージのワックスドコットン素材、コーデュロイ襟、ゴールドのジッパーといったバブアーらしさは網羅しつつ、膝下丈というのが新鮮なバーレー。黒いニットとパンツを合わせてすっきりとまとめました。着丈が長い分、足元にはしっかりとボリューム感のあるブーツやレザーシューズを合わせて、男らしいバランスを意識しましょう。重ね着したカットソーのネックと裾をチラリと見せて、抜け感を出すこともお忘れなく。

※カットソー、ブーツはスタイリスト私物となります。

トラッドなワックスド素材でもフェミニンにまとまる

メンズ以上にコートレングスが重要になっているレディース。今季新たに加えられたバーレーはそんなトレンドに敏感な方にこそチャレンジしていただきたい1着。どうしても男っぽいアウターブランドという印象が強い方でも、すっきりとしたAラインのバーレーなら取り入れやすいはず。巻きスカートとニットというフェミニンなアイテムの組み合わせにも違和感なくなじみます。足元はヒールのあるものがおすすめ。

※ニット、スカート、ブーツ、メガネはスタイリスト私物となります。

撥水性のあるナイロン素材ならビジネスシーンでも活躍

今季のバーレー復活の呼び水にもなったニューバーレー。昨年の人気に応えて、幅広いバリエーションを誇ります。こちらは撥水性の高い、2レイヤーのナイロン素材を採用しているので、天候が不安定な日に活躍します。非常にシンプルなデザインなので、ビジネスシーンでも違和感がなく、スーツやジャケパンといったドレス感のある着こなしとも相性抜群。軽量でかさばらないので、気軽に羽織ることができます。

※シューズはスタイリスト私物となります。

Photo : Tomoaki Shimoyama Styling : Kazuyuki Tamura Hair & Make-up : Masa Kameda (Men’s) Naoyuki Ohgimoto (Women’s) Text & Edit : Takuro Kawase

今っぽいストリートな着こなしも楽しめる“トランスポート”がホワイトレーベルから復刻

今っぽいストリートな着こなしも楽しめる“トランスポート”がホワイトレーベルから復刻(2020.09.29)

アウトドアの機能性とファッション性が融合バブアー×アンドワンダー第2弾がリリース

アウトドアの機能性とファッション性が融合バブアー×アンドワンダー第2弾がリリース(2020.09.25)

バブアー Barbour 公式オンラインストア