キャンプやトレッキングに出かけたくなる<br>バブアー×アンドワンダーのロクヨン!

キャンプやトレッキングに出かけたくなる
バブアー×アンドワンダーのロクヨン!

コットンとナイロンを60:40の比率で織り上げ、軽度の防水性を持たせた生地のことをロクヨンクロスと呼びますが、今季のバブアーとアンドワンダーのコラボはまさにそのロクヨン素材をアップデート。ナイロン糸をコーデュラにしたリップストップ仕様なので、強度がグッと高まっているのです。タウンユースはもちろん、アウトドアにも最適な仕上がりに。

第二次キャンプブームと呼ばれるほど加熱しているアウトドア人気。コロナ禍においてもその熱は冷めることはなく、むしろ高まる一方です。ファッションにおいてもアウトドア的なアプローチが重要視され、機能とデザインが両立したアイテムが人気を博していることは周知の通り。

こうしたアウトドア人気が本格化する2011年から、自然と触れ合う楽しみをファッションで培ってきたデザインと掛け合わせたクリエイションを展開しているのがアンドワンダー。一方で120年余の歴史を誇るバブアーもまた、英国由来のハンティング、フィッシング、ホースライディングといったアウトドアスポーツで愛用されてききました。

その両者が手を組んだコラボレーションは今季で4回目。今作の大きな特徴はコットンとナイロンを60:40の比率で織り上げたロクヨン生地であること。水分を含むとコットン糸が膨らむ特性を利用し、軽度の防水性があるのが特徴です。また、リップストップなので薄手でも強度が高く、端境期のアウターとしても、レイヤードの仕上げとしても幅広い着こなしに対応します。

国境を超えた新旧ブランドの邂逅は、まさに時代が求めていたもの。今作もセットアップで楽しめるよう、同素材のパンツがあり、カーキとブラックの2色展開となります。

さっと羽織るだけでサマになるライトアウター

バブアーのアイコン的ディテールである、マチのあるポケットとコーデュロイの襟がさりげなく主張するデザイン。耐久性に優れたコーデュラリップストップ素材による1枚仕立てで、端境期から冬のレイヤードの仕上げとしても長いレンジで付き合えるのが特徴です。スナップボタンの前合わせは二重になっており、首元の開き具合で体温調整が簡単に行え、冷え込むときはフルクローズしてスタンドカラーで着用することも可能です。

タクティカルな雰囲気が魅力のブラックも有り

フィールドジャケット然としたカーキは鉄板ですが、精悍な印象のブラックも展開しています。セットアップで着用し、インナーとブーツもブラックで揃えればモダンな印象に。ジャケットとパンツともに少しゆとりを持たせたシルエットのため、フリースやサーマルを活用したレイヤードスタイルに最適です。また、アンドワンダーの三角ロゴと太いステッチにリフレクター素材を使用して、夜間の視認性を高めています。

手ぶらでいたいフィールドで重宝するパンツ

アウターと同素材で展開するパンツは、アーミーパンツのように側面にフラップポケットを配置した6ポケットデザイン。ストンと足元に落ちるワイドストレートのシルエットもミリタリーテイストを感じさせます。ウエストはゴムリブをあしらっていますが、ベルトループもあるためオーバーサイズでの着用も問題ありません。軽防水でタフなロクヨン素材と多数のポケットは、険しいフィールドでも頼りになります。

その他のand wanderアイテムはこちら

Photo: Masafumi Tanida
Styling: Eiji Ishikawa
Hair & Make-up: Kenichiro Yoshimura
Text & Edit: Takuro Kawase

キルティング素材をフィーチャーした「バブアー×エンジニアド ガーメンツ」

キルティング素材をフィーチャーした「バブアー×エンジニアド ガーメンツ」(2021.10.18)

冬のスマートカジュアルにちょうどいいバブアー キルティング コレクション

冬のスマートカジュアルにちょうどいいバブアー キルティング コレクション (2021.10.15)

バブアー Barbour 公式オンラインストア