モダンクラシックな着こなしを楽しむ<br>バブアーのツイードコレクション

モダンクラシックな着こなしを楽しむ
バブアーのツイードコレクション

バブアーのマスターピースを定番のワックスドコットンではないファブリックを用いて、従来とは違った魅力を引き出した本シリーズ。今季は英国の老舗ミル、マラリウス社製のウールツイードを用いたモデルが登場。ジャケットやスーツといったドレススタイルにはもちろん、カジュアルな着こなしにも英国らしい上品さをもたらしてくれます。無地のネイビーとオリーブに加えて、グレンチェックとガンクラブチェックも追加されています。

今季バブアーが白羽の矢を立てたのは、150年余にわたる歴史を誇る毛織物メーカーのマラリウス。イギリス北西部のランカシャーに本拠を構え、良質なツイード生地を世界中に供給してきたことで知られています。一般的なツイードよりも柔らかなタッチで、着込むほどに身体に馴染んでいくことが特徴です。

メンズではビューフォート、オーバーサイズバーレー、スペイの3型で、それぞれ無地のネイビーとオリーブを展開。さらに、ビューフォートとオーバーサイズバーレーにはグレンチェックを、スペイには赤系のガンクラブチェックを追加しています。またレディースでは継続して高い人気を誇るレディースバーレーを無地のネイビーとガンクラブチェックの2種類でリリースします。

スーツやジャケパンスタイルの仕上げとしてはもちろん、休日のジーンズスタイルの格上げ役としてもマラリウスのツイードアウターが活躍。それでは早速、その着こなし例をご紹介していきます。

現代的なジェントルマンスタイルをかなえるツイードの妙

ツイード特有の奥行きのあるオリーブカラーは、ネイビーやグレーといったスーツの定番色と相性抜群。同系色で仕上げたコーデュロイ襟とともに、マラリウスらしい上品な質感が際立ちます。さらに、たっぷりとしたオーバーサイズで可動域の広いラグランスリーブはレイヤードがしやすく、スーツやジャケットといったドレススタイルはもちろん、地厚なニットなどの上に羽織ってもモダンなシルエットと快適な着心地が楽しめます。

懐かしくて新しいガンクラブチェックで着こなし鮮度UP

フェミニンなスタイルがトレンドに返り咲いている今季。クラシカルな膝下丈のロングコートはワードローブにマストで加えたいアイテム。さらに、トレンド柄としてチェックが再評価されていることも後押しとなり、人気のモデルレディースバーレーにガンクラブチェックのツイードを載せた本作はまさにこの冬の本命。フェミニンさを引き立てるAラインのシルエット、ノスタルジックでいて旬な色柄のガンクラブチェック、マラリウスらしい上質感が冬の着こなしを一変させます。

深みのあるグレンチェックでまとめた端正なレイヤード

無地のオリーブとネイビーに加えて、注目しておきたいのがグレンチェック。オリーブカラーをベースに、コントラストを抑えた柄にしているため、グレイッシュで落ち着いたトーンの仕上がりに。それゆえ、ドレススタイル上級者が好むチェック・オン・チェックの着こなしでも難なくハマります。野趣に富んだビューフォートの魅力と実用性はそのままに、都会のビジネスシーンでも違和感のないレイヤードスタイルが完成します。

あえてメンズサイズを着用してシェア使いも楽しめる

マラリウスのネイビーツイードを載せることで、いつもと違うクラシカルかつエレガントなムードを纏ったスペイ。こちらはメンズサイズを女性が着用することで、腰丈のジャケットのように楽しむことができ、ボーダーカットソーを合わせた冬のマリンスタイルも今っぽいバランス感にまとまります。一方男性なら、スペイらしいコンパクトなシルエットを生かすように、ワイドパンツでコントラストを付けた着こなしがおすすめです。

全てのMALLALIEUSアイテムはこちら

Photo: Masafumi Tanida
Styling: Eiji Ishikawa
Hair & Make-up: Kenichiro Yoshimura
Text & Edit: Takuro Kawase

キャンプやトレッキングに出かけたくなるバブアー×アンドワンダーのロクヨン!

キャンプやトレッキングに出かけたくなるバブアー×アンドワンダーのロクヨン!(2021.10.22)

キルティング素材をフィーチャーした「バブアー×エンジニアド ガーメンツ」

キルティング素材をフィーチャーした「バブアー×エンジニアド ガーメンツ」(2021.10.18)

バブアー Barbour 公式オンラインストア