1. Home
    2. features
    3. What is Barbour? - BEAMS -

    What is Barbour?
    - BEAMS -

    「BEAMSにとってバブアーは切り離せないブランドのひとつ」
    セレクトショップのバイヤーが集まり、バブアーについての印象や思い出を語る
    「What is Barbour?」。

    1976年に原宿で創業した日本を代表するセレクトショップである BEAMSは、カジュアルからドレスまで多くのレーベルを抱え、それぞれにキャラクターを持っている。今回集ったのは4つのレーベルから、BEAMS F 西口修平さん、Demi-Luxe BEAMS 浜典子さん、BEAMS BOY 小沼千恵さん、 BEAMS PLUS 金子茂さんの4名。

    各レーベルのバイヤー同士がこのように顔を合わせるのは珍しいことなのだとか。

    「BEAMSでバブアーの取り扱いは30年ほど前に遡るのではないか」と話すのは、今回の出席者の中で最も社歴が長い西口さん。 BEAMS Fや BEAMS PLUSのメンズレーベルにとって、バブアーは切っても切り離せないブランドのひとつだ。レディースにとっても、近年の古着店での盛り上がりもある中で、BEAMSに行けば確実にバブアーがあると認知されるなど期待値の高まりを肌で感じているという。

    バブアーを別注する上で、すでに完成されたオーセンティクなモデルであるが故に、変更する箇所が少なくアレンジが難しい点もあったという。BEAMSならではのアレンジを加え、新たな提案を世の中にすることを使命に誕生した各レーベルの別注バブアーにも注目だ。
    「イギリス的なムードをファッションに取り入れることができるブランドの代名詞」と話すのは BEAMS PLUSの金子さん。 ファブリックに撥水・透湿・ 防風の機能性を加えた「Barbour TECH」を使用したBEDALEを別注。

    Barbour × BEAMS PLUS
    別注 BEDALE
    ¥48,400(tax in)
    BEDALEをベースにしたミドル丈の別注ジャケットは、程よいハリ感のあるコットン素材を使用。身幅・袖幅にゆとりのあるオーバーサイズモデルで、BEDALEのパッチポケットの代わりにSPEYのフラップポケットを採用することでよりDemi-Luxe BEAMSらしい上品な仕上がりに。

    Barbour × Demi-Luxe BEAMS
    別注 BEDALE
    ¥51,700(tax in)
    BEAMS BOYの別注モデルは、スコットランドにあるお城の名前から「Balvenie」と命名。Aラインのシルエットが美しい
    「THIRKLEBY JACKET」をベースに、パッチポケットなど BEDALEのディテールを採用している。

    Barbour × BEAMS BOY
    別注 Balvenie
    ¥49,500 (tax in)
    CLASSIC BEDALEをベースに着丈やポケットの位置を調整してドレススタイルにも合うBEDALEを別注。老舗英国メーカー
    <マラリウス>社の生地を使用し商品名はレーベル名から名前を取り「BEDALE F」に。

    Barbour × BEAMS F
    別注 BEDALE-F
    ¥77,000 (tax in)